NPO法人京都匠塾

活動報告 >>一覧に戻る

第1回積み木つく・つも大会 2013年02月09日


第1回積み木つく・つも大会が無事に終了しました!

つく・つもとは、積み木を「つくって、つもう」の略。
参加者自身が作った積み木と大会が用意した積み木を積み上げて高さを競う大会です。

大変盛り上がった大会の様子をお伝えします。


まず大会スタッフによる道具講座が行われました。
サシガネという定規を使った線引きやノコギリの正しい使い方、カンナによる面取り、紙ヤスリを使った仕上げをみんなで勉強しました。

 
そして、30分間の「つく」タイムがスタート!各チーム親子で作業を分担しながら上手に積み木を作っていました。
今回は大会が指定した大きさの積み木を6ピース作ってもらいました。
完成した積み木をスタッフが審査し、順位ごとに積み木を積み上げる土台をこども達に選んでもらいました。どれにしようかな?

 
 さあ、いよいよ積み木を積んできましょう。
まずはこども達だけで、大会が用意した積み木を積んでいきます。
みんな土台の形に合わせて工夫して積んでいましたね。
 途中からはお父さん、お母さんも参加して親子でドンドン積んでいきます。

 そして、最後には自分達でつくった積み木6ピースも積みます。

その結果、優勝したのは、、、


 お父さんの背丈を越えるほどまで積みあげたこの親子が優勝しました!おめでとう!
こちらの親子には積み木のおもちゃ、「きくみん」がプレゼントされました。


 最後はみんなでお片付け。
おつかれさまでした。